任意整理の基礎知識で多重債務を解消|返済に頭を抱える生活から逃れるには?

任意整理の概要

もし任意整理の手続きを専門家に依頼することを検討しているのであれば、まずは任意整理とは何かについて知ることが大切です。
そうすることで、手続きをスムーズに行うことができるようになるし、基本的な知識についても身につくようになります。

そのように考えると、まずは概要がどういうものなのかについて、きちんと知っておきたいものです。
では、この手続きは一体どのようなものなのでしょうか。

考える女性


この類の債務整理では、金融機関と取引を開始した当時にまで履歴をチェックした上で、金利に関して再度計算をすることになります。

というのも、金融機関がお客様に融資する際は、利息制限法という法律で定められている数値までしか金利を請求することができないからです。
もし利用者がこれ以上の金利を支払ったのであれば、超過した分はその分をカットしてもらうことができるのです。

実際の利息制限法では、上限が年率で15パーセントから20パーセントで設定されていますが、この年率まで引き下げられた上での計算が必要になります。
そうしないと、債務整理を行う意味がないからです。

ただし、いくらこのようなことを希望してはいても、自分が金融機関と直接交渉するわけにはいきません。
そんなことをしたところで、金融機関からは相手にされずに終わってしまうのがオチです。
そこで、債務整理の経験のある専門家に手続きを依頼することになります。

以上の点が、任意整理の基本的な概要となります。

フェイスライン ニキビ

任意整理のメリット

任意整理には、色々なメリットが存在します。
どのような種類のメリットの恩恵を受けるかについては依頼者の状況などにもよって異なってくるのですが、何かしらの長所があるのは、依頼者にとっては嬉しいものです。
では、任意整理のメリットの例について、ここでは見てみましょう。

まず、今後の金銭的な負担に関しては、全く異なってきます。
もし手続きを依頼しないで今まで通りの条件で支払いを続けていけば、毎月の負担する金額は今まで通りですし、特に負担が減るということはありません。
さすがにこれでは生活上厳しいということもあるでしょう。

喜ぶ女性


しかし、もしこの手続きを行えば、利息制限法で定められた上限金利である年率15パーセントから20パーセントでの間の請求となり、大幅に安くなるのです。

このメリットは、考えるまでもなく、非常に大きいものです。
年間ベースで考えれば、何十万円という単位で得をすることになるのです。

次に、特定の職業への制限もありません
自己破産などの場合は、法律に関連する職業や代表取締役などの職業には就けないという制約もありますが、任意整理であればそのような制限はありません。
したがって、手続きをしたところで解雇になることもないですし、今まで通りの仕事をそのまま続けることができます。

最後に、財産の処分がないことも挙げられます。
もし財産が処分されてしまうと、場合によっては困ってしまうこともありますが、このようなことは全くないので、非常に安心です。

ニキビ跡 消す

任意整理のデメリット

任意整理にはメリットがある反面、デメリットも存在します。

これはどうしても仕方がないと言えば仕方のないことですが、メリットのみならず、デメリットに関してもきちんと理解をしておきたいのは、言うまでもありません。
そうすることによって、いざ手続きとなった時に、「話が違う」といったことにはならずに済むのです。
では、任意整理のデメリットとは、一体どんな点が挙げられるでしょうか。

まず、今後の返済については、きちんと続けていかないといけないという点です。
もし返済の義務が全くないのであれば、この点で困るようなことはないですが、任意整理の場合はそうはいかないのです。

というのも、この手続きは、あくまでも利息制限法と照らし合わせた上で再度金利の計算をし直し、これまでに支払った金利の中で超過している分を取り戻すという点にフォーカスが置かれるからです。
つまり、今後の支払いに関しては減額がなされているものの、返済義務は残っているので、この点は忘れてはいけません。

また、もしこの手続きをすると、債務整理を行ったという事実が信用情報機関に登録されることになります。
そのため、今後どこかの金融機関から融資を希望する際に審査に通らず、希望金額の融資がなされないことになります。

また、もしクレジットカードを作らないといけないような場面に出くわしたとしても、やはりカードを作る段階で審査に引っかかってしまうことになるのです。

脱毛サロン